やっぱり描きたい

さて、そんな風に絵を描くこととは全く別のことを仕事に選びつつ、やっぱり絵を描くことは好きでずっと同じようにラクガキは続けていた。

 

けれど、ちょっとイライラする。

 

自分の絵というのは、好きな漫画家の絵を真似して描く、ということから始まっていて、それで終わっていた。

 

描きたい感じを描けない。それがイライラの正体だ。

 

おそらくそれはきちんと絵を学んでいる人達ががんばっているデッサンとかなんかそういう基礎的な練習をやっていないことによって突破できていない壁があるんじゃないか。そう考えていた私は、ふと出会ったイラストレーション・デザインの通信教育を受けることにする。その内容は今でこそ当たり前だけれど、当時の私には意外にもとても理論的なもので、いちいち衝撃でひとつひとつ感動で、とても面白かった。とはいえ「課題」というものはおっくうなもので、全課題をクリアするために最大限の期限を要したのだった。