覚悟

いろいろなことがあった上で、私は考え抜いた。役に立つ仕事。社会に求められる仕事。私が担える役割。人から求められること。自分がやりたいと思うこと。生活をしていくということ。あと何年働けるのかなということ。

 

絵を描くのが好き、ということを避けて、ほんのちょっとでも「やってみたい」と感じる仕事は全部試してきた。それはそれで、とても面白かったし、とても勉強になった。でも。

 

仕事を替えるなら、もう最後のチャンスかもしれない。

 

そう思った時に、一つの抗えない思いがあふれてきた。

 

「画面で色や形を扱う仕事を、一度、思いっきりやってみたい」

 

もう逃げられない最後の選択だった。